top of page

柔らかな

少しだけですが、お店にお花を飾るようにしています。


飾っていると花などの向きが

動いてしまうので、時々移動。


洋食店の時、オーナーシェフのお母さん、

今はないのですが、亜蘭若とキッチンになる前の一覧亭を築いた方が、いつもお花を飾っていました。

(購入は、オーナーシェフ)


チャキチャキでお洒落な方で、皆、お母さんと呼んでいました。

元女優さんで映画監督のご主人。


ご主人が早くなくなられたので、

大黒柱で駆け抜けておられました。


お花を選んでいる時に、お母さんが

これ、好きなのよね、と話されていた

アミガサユリ?らしき花を発見。


派手さはないですが、上品で。


亡くなったお父さんの作った花瓶に。



私は、その場所で

調理師免許を取らせていただきました。



あなたが調理師にならなければ、

誰もその資格はない、とまで言ってくださり(泣)

迷った私の背中を、押すのではなく

蹴飛ばされたような…。


その昔に、専門学校の講師のオファーが来るようになったのは、お母さんのおかげです。

もちろん、オーナーシェフも。


厳しかった~…。



今でも自信があるわけではなく、

もっと、もっと、と思って仕事をする日々です。


心が折れることの方が、多い。


凛としたお母さんのようには、

できません。


けれど、私なりに、柔らかく、しなやかに

そんなふうに

いけたら良いのかな…。


久しぶりに

ピンクの花を選びました。


少しだけ ギスギスしていたので。


優しい気持ちになれるといいな、と思います。

いや、なります(笑)







Commentaires


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Search By Tags
まだタグはありません。
bottom of page