父との思い出


10月の終わり、大好きな父が他界いたしました。

6月の半ば、自宅で動けなくなり、救急搬送。

手術を目指したけれど、何度か延期になり、あきらめて退院を目標にした矢先、でした。

昭和ひとケタ生まれで、戦争を生き抜いた父。

子供の頃、父が帰ってくる時間になると、玄関の靴が揃えられているか、部屋の中が整理されているか、緊張が走ったのを、憶えています。

学校での出来事も、お友達の名前をあだ名で呼んだら、即注意・・・😢

言葉使いをよく注意されました。

きちんとした人で、厳しかったけれど、自分に一番厳しく頑張っていたから、何もいえないし、尊敬できました。

母が亡くなった時、「病室から出たら、もう泣くな、前を向かないとダメだ、」

そういっていた父が、夜中に、母の亡骸にしがみついて、1人で大泣き。

お茶を入れてそっと渡したこと、二人だけの秘密でした。

息子が生まれた時も、本当に喜んでくれ、母が亡くなってからの子育てで、悩みもたくさん聞いてもらい、心を軽くしてもらいました。

去年の夏ごろから、体調のいい日がどんどん少なくなって、辛かっただろうな・・・。

病室で、たくさん手をつないで、ある時「お前が来ると明るい雰囲気になっていいなあ」

テキパキの兄弟に囲まれて、一人出遅れた感じがして、落ち込むことが多かったけれど、

そのままでいいのだと言ってもらった気がしました。

とにかく、寂しい。

寂しさに慣れるまで、まだ時間が必要ですが、

教室に来てくださる方達や、ケーキを美味しいと言ってくださる方達、応援してくださる皆様に

元気を頂いてます。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Search By Tags
まだタグはありません。

© 2015 by Ah-shu  created with Wix.com