top of page

欲しかったもの

この数年、はぁ…。


父が亡くなってから、かな。


特に何も話さなくても

そこにいてくれるだけの安心感。


知らない場所に、ポツンといるみたい…。


なんとなく

それが満たされないまま。


結婚生活は

積み重ねたいものが

平積みのまま放置。

そんな感じでした。


お店のコンセプト、

ほっとできる空間。


私が一番欲しいものだったのでしょうね。


ほっとできる人と時間を過ごしたい。


私が欲しいのは

たったそれだけでした。


息子と2人になり

でも、彼には

やりたかったことがあり、

学校に行けなくなったことで

一旦諦めなくてはいけなくなり、

私では叶えられないことも

気づいてしまった。


周りの大人たちに

失望し、見放されたように感じ

無価値だと思い込んでいる…。


そんなことはないと

気づいて欲しいけれど

大人の事情より感情。


そして。


私が欲しかったものが

息子にも必要だった。



私は、同じような経験

または

それ以上にキツいのに

穏やかで気遣える仲間に出会えました。


助けて、と言える仲間に出会えました。


息子へ、

居場所、探そう。

ちゃんと見つけよう。


お母さんは

いろんな人に聞くことしかできません。


たくさんの中から

ちゃんと選べるようにしよう。


そして、

地面に足をつけて

向き合おう。


そうできるようになるまで

お薬はちゃんと飲もう。


小さな粒だけど

飲み込むのが嫌だよね。


必要な時に

必要なもの…。


ちゃんとね。


理解したくなくても

そうしないといけない時って

あるんだよ。


感情をお母さんにぶつけるのは

受け止める覚悟です。


でも、受け止めきれなくなること、

あるんです。


形や表現は間違えてる気がするけど

わかってもらいたい、それは

伝わってます。


伝えようとしてくれて

ありがとう。


表現の方法、

変えてくれるとさらに感謝です。


一緒に

ほっとできるようにしよう。














Comments


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Search By Tags
まだタグはありません。